事業内容

外壁補修工事

外壁は、常に自然環境にさらされ、日々劣化していきます。
タイルや塗装など外壁に施されている仕上げ材には雨や外気から守る機能があります。タイルのひび割れや目地の傷み、塗装のはがれなどは、放っておくと水が染み込んで内部腐食や雨漏りにもつながります。
適時の建物チェックと改修が建物を長持ちさせる秘訣です。

シーリング工事

防水工事において、必要不可欠な工事としてシーリング工事があります。
シーリング工事とは、外壁同士の隙間や外壁とサッシの隙間、また、サッシと窓ガラスの隙間など、住宅に存在するつなぎ目・隙間をシーリング材で埋める工事の事です。
シーリング工事には、つなぎ目から侵入する雨漏りを防ぐ「防水性」、地震などにより建物が揺れた際に伸縮性により建物を守る「耐震性」の目的があります。

ウレタン防水工事

ウレタン防水は、液体のウレタンを塗膜することによって防水層を形成する工法なので、下地の形状に馴染みやすく、また簡単で短期間で終わります。
液体状の材料を使って現場で仕上げる工法なので、複雑な形状をした場所でも継ぎ目のない完全な防水膜を加工できます。施工場所の形状が複雑でも、簡単かつ確実に施工できるのが特徴です。施工場所に物があっても、別素材の旧防水層があっても、その上から施工できます。

シート防水工事

シート防水工事のシートには主に塩ビシートやゴムシートが用いられます。
シート一層の取付で済むため工程も少なく、工事期間を抑える事も可能になります。
どんな下地面でも施工が出来ますが、シートを使用する性質上、基本的には平らな場所向けの防水方法です。