【株式会社 豊川工業】神戸で防水工事をお考えならお任せ下さい!
防水工事で
大切な建物を護ります
【株式会社 豊川工業】神戸で防水工事をお考えならお任せ下さい!
株式会社豊川工業では、各種防水工事を承っております。
個人様のお宅はもちろん、マンション・アパート、ビル・商業施設など施工させていただいております。

雨や風などの自然環境から建物を護るためには防水工事などのメンテナンスが必要不可欠です。これまでに培った豊富な経験と知識で、お客様のご要望にお応えいたします。
水漏れや外壁のひびなど、気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。
【株式会社 豊川工業】神戸で防水工事をお考えならお任せ下さい!
工事と防水の種類
【株式会社 豊川工業】神戸で防水工事をお考えならお任せ下さい!
外壁補修工事
【株式会社 豊川工業】神戸で防水工事をお考えならお任せ下さい!
外壁は、常に自然環境にさらされ、日々劣化していきます。
タイルや塗装など外壁に施されている仕上げ材には雨や外気から守る機能があります。タイルのひび割れや目地の傷み、塗装のはがれなどは、放っておくと水が染み込んで内部腐食や雨漏りにもつながります。
定期的な建物のチェックと改修を行う事で、建物を長持ちさせる事ができます。
シーリング工事
【株式会社 豊川工業】神戸で防水工事をお考えならお任せ下さい!
耐久年数 3~5年
用途 外壁などの隙間
メンテナンス時期 10 年に一度は打ち直しが必要
防水工事において、必要不可欠な工事としてシーリング工事があります。
シーリング工事とは、シーリング材と呼ばれるゴムのようなものを使い、住宅に存在するつなぎ目・隙間を埋める工事の事で、隙間埋めの他、クラックの補修に使われます。
外壁同士の隙間や外壁とサッシの隙間、また、サッシと窓ガラスの隙間などからの雨水の浸入を防ぎます。
シーリング工事には、つなぎ目から侵入する雨漏りを防ぐ「防水性」、地震などにより建物が揺れた際に伸縮性により建物を守る「耐震性」の目的があります。
しかし、紫外線を受けることによりダメージを受け、「防水性」と「伸縮性」を次第に失っていくこととなります。
目立たない部分ではありますが、10年に一度は打ち直しのメンテナンスが必要です。
ウレタン防水工事
【株式会社 豊川工業】神戸で防水工事をお考えならお任せ下さい!
安さ ★★★☆☆
耐久 ★★★☆☆
耐久年数 10 ~ 15 年
厚さ 3.0mm ~
用途 全て
メンテナンス時期 ウレタンゴムの劣化により、6 ~ 7 年ごとにメンテナンスが必要
ウレタン防水は、液体のウレタンを塗膜することによって防水層を形成する工法なので、下地の形状に馴染みやすく、また簡単で短期間で終わります。現在、国内で行われている防水工事の半数近くを占めている工法で、ポリイソシアネートを主成分とする主剤と、ポリオールを主成分とする硬化剤を、撹拌して塗膜します。
軽量で比較的に安く、液体なので施工する場所が平坦ではなくても塗装が可能なので、複雑な形状をした場所でも継ぎ目のない完全な防水膜を加工できます。施工場所の形状が複雑でも、簡単かつ確実に施工できるのが特徴です。施工場所に物があっても、別素材の旧防水層があっても、その上から施工できます。
メリット
液体による防水層が下地の形状になじみやすく、継ぎ目のないなめらかな防水層が出来上がりますので、でこぼこした様な場所でも問題なく施行することができます。
さらに、違った種類の防水層が塗装されていても、その上から新たに塗り重ねることができます。
デメリット
安く簡易に塗膜できるので一般的に広く使われており、特に短所等はありませんが、しいて挙げるならば、ウレタン防水塗装は重ね塗りを行わなくてはならないのですが、塗装後の完成を見ても中の防水層が塗られているのか分からないので、悪質な業者等の場合はその工程を省いてしまう事があります。
シート防水工事
【株式会社 豊川工業】神戸で防水工事をお考えならお任せ下さい!
安さ ★★★★★
耐久 ★★★☆☆
耐久年数 10 ~ 15 年
厚さ 1.2 ~ 2.0mm
用途 一般屋根(非歩行)・工場屋根・駐車場屋上など
メンテナンス時期 10 年以上メンテナンスフリーですが定期点検は必要
シート防水工事は主に塩ビシートやゴムシートを機械的工程工法で下地に貼り付ける工事です。
シート一層の取付で済むため工程も少なく工事期間を抑える事ができ、設計にあわせたシート防水の施工で大面積の現場のコスト削減も可能です。施工が容易で期間が短く済みますが、シートの性質上、基本的には平らな場所向けで凹凸があるような複雑な箇所への施工が難しくなっています。また、穴が開くなどした場合は、劣化したシートを剥がす作業があるので、それだけ工事費用が掛かります。
塩ビシート防水
塩ビシート防水工事は難易度が高く、施工できる業者が少ないとされています、耐久性に優れており寿命が長いという特徴があります。
下地に防水シートを貼り付ける「密着工法」や、シートを固定するためにディスク板などを使う「機械固定工法」などがあります。
メリット
そもそも塩化ビニール樹脂には耐候性があり、その塩化ビニール樹脂に対してさらに耐久性を付与した塩ビ防水シートは、紫外線や熱やオゾンに優れた耐久性を発揮します。耐摩耗性があり、軽歩行に対応した仕上げ面となります。すでに設置されている防水材等の上から被せて使うこともできますので、短い期間で低価格にて施工をすることができます。
デメリット
シートという素材のため下地が平らでなければなりません。そのため複雑な形状の下地に対しては適していません。
また、シートの繋ぎ目部分が剥がてしまう場合があり、焼却処分時等にはダイオキシンが発生する場合があります。
ゴムシート防水
安くて軽いゴムシートですが、なにより「伸びる」という特性を持つゴムシート防水は、地震が多いこの日本では最適だとされていました。
現在はより適正の高い塩ビシート防水の方が主流になっており、徐々にゴムシート防水の施工を行う事が少なくなってきています。
メリット
素材はゴムですので、伸縮性があり柔軟性もあります。
接着剤と粘着テープを用いて、繋ぎ目や下地に貼り付けます、短い期間で施工が可能で、費用も安く抑えることができます。
デメリット
下地に関しては平面である必要があります、その為おうとつのある様な形状での施工には適していません。
シート同士を合わせる際に接着剤を用いるため、ゴムシートだけではなく接着剤の耐用年数も重要となってきます。シートが薄いので摩耗や衝撃からの耐性が低いとされています。
その他の防水工事
FRP防水
近年注目をされている防水材で、強度・耐久性に優れた「ガラス繊維強化プラスチック(FRP)」を活用し、耐水・耐蝕・耐候性に優れたFRP 被覆防水層を形成する工法です。防水加工の中で強度・耐水性・成形性に優れているので、屋上やベランダだけでなく様々な用途で使われているものの、下地との接着が強力なので地震などで割れてしまうことがあります。木造に一番よく使われる素材です。
アスファルト防水
アスファルトの塊を、現場に設置した溶融釜に入れて溶かし、高温で液体状に溶けたアスファルトを使用して、アスファルトルーフィングと言われるロール状の防水シートを貼り重ねアスファルトの持つ接着性と防水性を最大限に活かした防水です。