2019.02.01

2成分形変成シリコーン系 <材料>

 

防水工事に使用する道具・材料のご紹介vol.2

 

2成分形というのは、2つの材料を混ぜて使用するタイプのシーリング材料です。

シーリング材には1成分形と2成分形のタイプがあり、それぞれ硬化方法が違います。

2成分形は、基剤と硬化剤が反応して硬化する混合反応硬化型で1成分形に比べ2液系コーキングガンや撹拌機が必要になりますが硬化速度のコントロールがしやすくなります。

 

MS・・・modified silicone (変成シリコン)

変成シリコーンとシリコーンの違いは、シリコーン系は塗料がのらず、変成シリコーン系は塗料がのるという点です。
そのため外壁など塗装が必要な箇所は変成シリコーン系が使われます。
シリコーン系は耐水性に優れるため、浴室や水に浸かる箇所に使われます。

NB・・・non bleed (ノン・ブリード)

ブリードとは主に樹脂を柔らかく保つ薬品(可塑剤)が施工した数カ月後にシール材表面ににじみ出てくる現象です。
この薬品にはベタ付きがあり、ホコリなどが付着すると汚れて、汚ならしくなってしまいます。
その防止策をほどこしたシール材がノン・ブリード(NB)です。